稼げる物販ビジネスの種類を解説!儲からない人の特徴は?

モノを売る商売は太古から行われてきました。

どこにでもある「モノ」でも仕入れて国外へ移動・運搬すれば、海外に人にとっては価値ある「モノ」となります。

よくいわれる砂漠でノドが乾いてモガいてる人に日本のおいしい「ただの水」を提供できれば高く売りさばけるのは容易に想像できると思います。

では物を売るビジネスにはどんな種類があるのでしょうか。

形ある「モノ」を販売するのが物販ビジネス

物販ビジネスは有形物販売ともいえます。

さまざまなビジネスモデルが存在してますが

・国内の商品を仕入れる物販

主に「せどり」といわれる小売りから仕入れる手法です。

有名なのはブックオフで100円の古本を仕入れてきてAmazonで売るとかですね。

ですが、小売りからの仕入れは量・価格に限界がありますので、上級者は「メーカー仕入れ」へとシフトしていきます。

この卸仕入れとも言われる手法もお金を積んだ方が安く仕入れることができるのが容易に想像できると思います。

・海外の商品を仕入れる物販

国外の小売りから仕入れる場合は海外のアマゾン、海外のオークションサイトのeBayから仕入れるのが一般的です。

通称「輸入ビジネス」といわれてます。

外国語が必要など、国内仕入れより敷居が高いため難易度はせどりより高めとなってます。

・売れてから仕入れる物販ビジネス。

「無在庫ビジネス」といわれてますが、一般的には受注発注方のビジネスです。

注文が入ってから商品を仕入れますので在庫を持つ資金が少なくて済むメリットがあります。

最近はこのビジネスモデルを真似る方が増えてきましたので利益が薄利になる傾向があります。

・仕入れ先による区別

仕入れ先の国によって呼び名がついていたりします。

中国からの仕入れは「中国輸入ビジネス」ですし、アメリカからの仕入れは「アメリカ輸入ビジネス」となります。

仕入れる国よって商品の品質にかなりバラツキがあります。

日本品質を基準にすると到底新品に見えない商品が届いたりしてビックリします。

物販とは対極にある「形のないモノ」を売るビジネスとは

ビジネスにはいろいろあって「サービス」を売る商売もあります。

教育・指導などのサービスが売る商品になってるんですね。

このビジネスは利益率が高くうまみがあるのですが集客セールスなどは自前でする必要があります。

なので難易度はかなり高いです。

あとよく初心者向けにと、ブログに広告を貼って収入を得る「ブログアフィリエイト」、

ブログ等でリストを取ってメールでモノを売る「メルマガアフィリエイト」なんかもあります。

仕入れ資金がいらないのでリスクがないと思って参入する方が多いですが、

物販に比べると激戦区でほどんどの方はスズメの涙ほどしか稼げてない人が多いです。

なので初心者は物販ビジネスから始めるのがベストとなります。

物販の販売先は

少量仕入れならフリマアプリの「ヤフオク」「メルカリ」「ラクマ」が定番となってます。

売れてから入金までの期間も比較的短いので便利ですね。

でもガッツリこの物販で食べていきたい方は日本三大モールといわれる

・「Amazon」
・「楽天」
・「ヤフーショッピング」

のいづれかへ出店しましょう。

この日本の三大モールの集客力は物凄く、売れる商品なら日に何十個単位で飛ぶように注文が入ります。

あと決済まわりも充実していて、手軽に購入を後押しするカード決済もそろっているのも特徴です。

お客さんにしてみたら、フリマアプリよりは圧倒的に安心感のある買い物ができるためですね。

SEO集客が得意な方なら「カラミー」「BASE」などの独自ショップでの販売も可能です。

自前で集客するので手数料はカード決済分だけの負担となり同じ販売価格でも利益が沢山残ります。

物販ビジネスで儲からない人の特徴

・新しいことに挑戦するのが苦手な人

人間新しい事を始めるにはハードルが高いものです。

でも一歩踏み出せば意外と前に進めるものです。

物事は単純化してたとえ「一商品」からでも仕入れてみてください。

新しい世界が待ってます。

・資金・お金がない人

無在庫ビジネスは比較的資金が少なくても始められます。

多数の商品を登録する必要がありますが、自前でやればコストはかかりません。

・どの手法が自分にあってるかわからない人

上記で取り上げた物販ビジネスから自分の興味のあるビジネスを選んでください。

そして仕入れから販売までのサイクルを一通り経験すれば稼いで行けるか感覚的にわかるはずです。

・最後に、諦めずにのやり続けることができれば

物販ビジネスはネットビジネスの中でもダントツに稼ぎ易いです。

いろいろ小さく試していけばやがて金脈にたどり着きます。

最大の敵は自分自身かもです。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました