香典に住所を書かないでも大丈夫!?ケース別に検証!

香典の裏に住所を必ず書く必要があるでしょうか。
住所を知られるのはあまり気持ちのいいものではないですね。
ただ原則、施主に香典の金額と住所はお知らせする必要があります。
ですから下記のような場合は省略してもいいのではというケースを上げて見ました。

受付で住所を記帳する場合。


受付にて住所をきちんと記入する場合は、香典の裏にわざわざ記帳しなくても問題ありません。
そもそも施主が誰からの香典かを把握することが目的だからです。
ただ金額は記帳する必要はあります、施主は記帳の金額と実際の中身の金額に相違があるかを確認する必要があるためです。

中袋に住所を記入する場合。


何らかの事情で受付の際に周りの方に住所を知られたくない場合や、施主の親族に直接香典を手渡しする場合は中袋に住所を書いておく方法があります。
ただ、あらかじめ中袋に住所を書いておく場合はきちんと受付の方や親族の方に中に住所をが記帳されてることを伝える必要がありますね。

受付で名刺を渡す場合。


亡くなられた方と会社関係で知り合いの場合は受付で名刺を渡すことで、香典の裏の記帳を省いてもいいですね。
この場合は受付の方に失礼のないように、「年で目が悪く字を書くが大変なんです。」と気を配って「お手間かけますね」とお詫びしておくと気持ちよくお願いできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました